葬儀 費用

葬儀後の流れについて

 

葬儀後の流れの概要は、法要に関するものと金銭的なものに分かれます。

 

近年は葬儀の際に初七日法要も執り行うため、法要は四十九日法要のみ実施するのがほとんどです。

 

葬儀社では四十九日まで自宅に祭壇を飾るオプションがついていることが多く、その場合は葬儀後翌日以降に葬儀社による飾り付けが自宅で行われます。

 

仏壇の準備は、四十九日までとしても問題ありません。

 

祭壇の準備が終わったら、香典を整理するとともに香典返しに備えて名簿や金額をまとめます。

 

早めに人数やある程度の金額を確認しておけば後々楽です。

 

葬儀社への支払いは、請求書や明細書を提示されてからですが、概ね請求書をもらってから1週間以内に行います。

 

折を見てお礼の電話やハガキを出し、必要に応じて初七日までに挨拶に伺うほか、遺品整理や遺言書の確認、形見分け等もしておきます。

 

香典返しは四十九日法要までに済ませます。

 

四十九日法要は自宅か寺院で行いますが、寺院の場合は早めに手配し、当日会食をする場合は事前に人数を確認し会場の予約をします。

 

その後は一周忌まで月命日にお経をあげてもらうのが一般的ですが、依頼しなくても問題ありません。

 

いいお墓を探すなら

↓↓↓↓↓