葬儀 費用 安く

 

大切な人が亡くなり何もする気がなくってしまうということはあると思います。

 

私も小さい時から色々面倒見てもらった祖父が亡くなった時、何も考えられず、何もする気は起きませんでした。

 

ですが、実は悲しんでもいられないんです。

 

残された身内はやることが沢山あるんです。

 

そして、大切な人をおくるために葬儀を行いますが、実は知らないと高い費用が掛かってしまうかも知れないんです。

 

そんな費用の事を調べてみました。

 

ぜひご参考にしてみてください。

目次

葬儀費用の相場:葬儀に必要なもの

 

身内に不幸があった場合に一番気がかりなのが葬儀費用という方も多いです費用の相場はいくらくらいなのでしょうか。

 

アンケートリサーチ会社の調査によると2017年度の葬儀費用の相場は、平均196万円となっているようです。

 

一部の高い葬儀が平均を押し上げている傾向があるようですが、もっとも多い価格帯は200万円から300万円になるのです。

 

葬儀の費用はいろいろな項目で成り立つのです。

 

見積りには、飲食費用や寺院に係るお布施など含まれていません。

 

一式で見積りが作成されている場合には必要なものを区分けしてみる必要があります。

 

例えば、通夜・葬式・火葬で必要なものがよくわからないという声があるのは確かです。

 

宗教によっても風習が違うので一概には言えませんが最低限必要なものを洗い出すことによって圧縮することは可能です。

 

遠慮せずに項目をひとつひとつ確認していく作業が必要です。

 

混乱しているので、できないという方もいらっしゃいますが、病院関係の清算を考えればもっと関心をもって対応に当たるべきです。

 

葬儀社との打ち合わせのポイントとは

 

身内の葬儀となれば精神的なショックが大きいあまり正常な判断をする事ができずに全てを葬儀社にお任せしてしまう傾向がよく見られますが、全てを任せてしまうと形式や費用面などで遺族が理想とする形とは異なったものになってしまう恐れがあるので、しっかりと情報を共有して進めていく事が大切です。

 

ただし、現実が受け入れられなかったりそうしたやり取り自体が辛い場合は信頼のおける方に同席して頂いたり、代行して頂くようにお願いしてみましょう。

 

また、葬儀は規模により段階が区別されているのですが、葬儀社に相談した際には職業や交友関係を考慮しておおよその人数を割り出しホールの広さの見積もりを出すので、ホールが大きすぎて予算が必要以上にかかってしまう場合があります。

 

そのため、たとえ葬儀社側が一般論として大勢の方々が訪れると想定する事例であっても、実際は比較的少人数が訪れるという予定では遺族が考える実情をはっきりと伝えるようにしましょう。

 

オススメはコチラ→→ごじょクル 互助会資料請求プロモーション

 

葬儀の見積の見方のポイントとは

 

葬儀会社に依頼すると無料で見積額を提示してくれます。

 

この見積もりの見方ですが、大きく分けて7つの項目に分類できる点に着目しましょう。

 

基本の費用のほかに車両費用、火葬費用や斎場費用などがカウントされます。

 

この時に気を付けておきたいのが、見積額と実際に請求される金額は一致しないことが多いという点です。

 

これは決して葬儀会社に問題があるのではなく、見積もりを出した時点で値段が固定される項目と、多少変動する項目があるからなのです。

 

後者は距離によって左右されることが多い車両費用に、葬儀に参列する人数が影響を与える返礼品の費用や飲食費用などが含まれます。

 

斎場や火葬にかかる費用も場所や待機日数の都合で見積と違った金額になりやすいので注意しましょう。

 

各葬儀会社を比較する場合は、実費を引いた金額が参考になります。

 

いい葬儀をするにはまず相談

↓↓↓↓

 

葬儀費用を安く抑える方法

 

葬儀費用を安く抑える方法の一つは複数の業者の見積もりを取ることです。

 

業者は全国にたくさんありますので、複数の業者から見積もりを出してもらい、一番安いところを選ぶことで費用を抑えることができます。

 

またインターネットを使えば業者の見積もりが簡単に比較できるサイトもありますので、そういったサイトを活用して価格比較をすれば安い業者を簡単に見つけることができるのでオススメです。

 

その他の方法としては自宅で葬儀を行う方法があります。

 

自宅葬を依頼できる業者も多く存在しますが、葬儀場を使うよりも安い値段で葬儀ができる業者がほとんどです。

 

自宅葬の場合でも複数の業者の見積もりを取ることで安い業者を選ぶことができるので、見積もりは必ず複数取るようにしましょう。

 

葬祭費給付金制度を利用するのも一つの方法です。

 

葬祭費給付金制度は亡くなった人が国民健康保険に加入していた場合に、葬儀を行った人に対して給付金が支給される制度のことです。

 

支給額は市区町村よってことなりますが、請求しないと支払われませんので、忘れないように請求しましょう。

 

一括見積をするならコチラ→→葬儀の一括見積もり

葬儀の手順 葬儀の準備

 

身内が亡くなった際には準備する事が多々ありますが落ち着いて一つ一つ段階を踏んでいき、まずは喪主を決める事から始めていきます。

 

喪主というのは葬儀に関する様々な事柄を纏める役目の事を指すため、円滑に進めていくためにも喪主を把握するのは重要です。

 

最優先になるのは配偶者であり、次いで長男、次男や長女、次女という順番で決められていきます。

 

そして、故人が生前に交流があった方々に対し亡くなった事実を伝えるべく連絡リストを前もって作っておくと、連絡をする事ができずに参列して頂けなかったという心残りが無くせます。

 

連絡リストを作る時には事実を伝えるだけの方と合わせて参列に纏わる案内も申し出る方に分けておくと、尚一層円滑化させられるようになります。

 

主となる葬儀の形式に関しては現在多様化が進行しているので、希望通りの内容にすべく基準となるポイントを抑えておく必要があります。

 

具体的には参列者の親密度や人数、費用や宗教儀式を踏まえて葬儀の形式を決定します。

 

葬儀の手順 葬儀内容の決定

 

葬儀の内容の打ち合わせでまず確認するべきことは、お通夜や告別式に参列してくれる人の人数を把握することです。

 

だいたいの会葬者の人数を把握することで、斎場の大きさや料理や飲み物の量、返礼品の数などを予想することができるからです。

 

次に葬儀を行う宗派の確認も必要になります。

 

近年では菩提寺を持っていない方も増えてきているので、お坊さんなどの手配をするために、仏教なのかキリスト教なのかその他の宗教なのかを確認して宗教者の予定を派遣を手配する必要があるからです。

 

次に斎場や火葬場等の空き状況を調べます。

 

特に火葬場に空きがなければ葬儀を行うことができないので、内容も大切ですが空き状況を調べ、いつにするのかを決めることが重要になります。

 

最近の葬儀プランはすべてがセットになっていることが多いので、昔に比べると内容について細かく打合せする必要がなくなってきています。

 

それでも棺や骨壺、花に料理など決めなければならないことはたくさんあります。

 

葬儀の手順 葬儀式までに

 

葬儀の手順としては、病院で亡くなった場合には葬儀社を紹介してもらえるのが一般的ですので、案内してもらった葬儀社を利用する場合にはその業者に段取りを一任します。

 

一般的には葬儀社が手配した車で自宅まで遺体を運び、それからすぐに自宅で葬儀の打ち合わせを行います。

 

打ちあわせの時にはお通夜や葬儀式の時に必要なものの大きさや量などを予算に合わせて決定します。

 

その際には予算が重要になりますので予め家族で打ち合わせをしておくと良いでしょう。

 

ほとんどすべての段取りは業者がやってくれますし、遺体のドライアイスなどを取り換えるのもこまめに行ってくれます。

 

火葬場の予約が取れ次第葬儀式の日程などが決定し、その日程表が印刷されて親戚や会社関係者などに配られます。

 

当日は施主側は早めに集まって打ち合わせなどを行うのが普通です。

 

喪主は挨拶を行いますので業者に言われたタイミングでするあいさつの文言を考えておく必要があります。

 

すべての段取りは業者が滞りなくリードしてくれます。

 

葬儀の手順 葬儀・告別式

 

今回は、葬儀の手順の中で一番重要な部分となる「告別式」について説明致します。

 

告別式はお通夜とは違い亡くなった人との最期の別れになります。

 

お通夜の場合は関係者や新聞やハガキで訃報を知った人々が次々に葬儀場に集まり大規模で行う場合が主ですが、告別式の場合は身内や関係者等、対象者を絞り小規模で行う場合が一般的です。

 

また、近年では「告別式後に火葬をする場合」と「火葬を終えた後に告別式をする場合」の2パターンに分かれておりどちらを先に行うのかは地方や喪主の判断等で若干異なってきています。

 

大まかな葬儀の手順はお通夜の時とほぼ同じで、お経を読み一般会葬者の焼香の後、喪主の挨拶とアナウンスで終了となり、その後は出棺となります。

 

この時、会葬者が退場する前に花が一人一本ずつ配られ棺の中に入れ亡くなった人と最期の別れをするケースが多くなっています。

 

式後に火葬する場合は身内が最期の別れをし火葬を終えた後出棺となります。